S/4HANA Transition Compass | Directing to the right S/4HANA path

Suchbegriff eingeben:

S/4HANAトランジションコンパス 

S/4HANAへの最初の一歩 

SAPのお客様は皆、同じような課題に直面しています。すでに移行したお客様もいれば、まだS/4HANAへの第一歩を踏み出せていないお客様もいらっしゃいます。S/4HANA移行の弾みをつけて、デジタル化に向けてさらなる一歩を踏み出しましょう。このステップに直面しているすべての人は、自問自答しています。どのように、いつ、どの程度まで変化する意思があるのか、S/4HANA移行中にどのような変化や可能性を実現できるのか、また実現すべきなのか。

cbs S/4HANA移行セルフサービスコンパス 

お客様の課題 

圧倒されるS/4HANAプロジェクト 

S/4プロジェクトの複雑さは、オプションや選択肢の多さゆえに到底管理しきれるものではないように思われます。 

ITと業務側の連携

業務側とITで異なるドライバーやニーズは、摩擦や非効率、プロジェクトの遅れを引き起こします。

S/4ベネフィットの不確実性

具体的な利益を伴う明確なビジネスケースを構築することは、初日から業務側が関与することなく明確にすることは難しいでしょう。 

最適なタイミングを見極める

外的要因、内的要因がプロジェクトに影響を及ぼします。適切な計画と実施は複雑で困難なものです。 

社内に人材とノウハウ不足 

追加的な取り組みは、社内では到底行えません。S/4の実質的な経験が不足しています。

S/4のイノベーションの可能性は多岐にわたるため、顧客側の期待も高まり、企業がどの程度の変化を許容できるかも検討されます。 
Yee Peng Nah (イー・ペン・ナー)
コンサルティング・ディレクター

SAP S/4HANAの前提条件は同じですが、変革の道筋は根本的に異なります。あるSAPのお客様は、S/4プログラムをビジネスとITの変革の中心に据えるかもしれませんが、別のお客様は、S/4プログラムを既存のロードマップに誘導する際に、最小限の介入にとどめなければならないかもしれません。また、彼らの目標を達成するためにS/4移行中に考慮すべき他の多くの戦略的イニシアチブを持っています。 

 

S/4で起こりうる多数の変更により、SAPは顧客側、つまり業務側とIT側の双方に大きな期待を抱かせます。しかし、このことは、企業がどれだけの違いを押し通したいのか、そしてどれだけの違いに耐えられるのかという問題を提起することにもなります。 

お問合せ先 

詳細なご相談は、もちろん個別にお受けしております。お問い合わせください。

cbs Corporate Business Solutions Asia-Pacific
Skip to content
Skip to content