SAP S/4HANA Cloud Transition | Move to SAP S/4HANA Private Cloud with Selective Data Transition

Suchbegriff eingeben:

選択的データ移行によるSAP S/4HANAプライベートクラウドへの移行 

SAP S/4HANAプライベートクラウドへの最も簡単で安全な移行方法。 

cbsは、Selective Data Transitionを活用したクラウドへの移行を実現するための標準的な移行シナリオをあらかじめパッケージ化して提供しています。 

 

パッケージ化されたソリューションは、SAP S/4HANA Private Cloudへの移行をお考えのすべての組織にとって最適な出発点となります。好みのオプションを選択し、個々のビジネス変革のニーズに合わせてカスタマイズのレイヤーを追加してください。未使用データのクリーンアップ、ビジネスパートナー導入のためのマスターデータのハーモナイゼーション、SAP S/4HANAの新しい財務構造や機能の活用に重点を置いてください。これは、あくまでも個人の旅と同じく、ビジネス機能によって自分だけの旅にする柔軟性を持つべきであり、ビジネス価値がこの決断を後押しすると考えています。 

 

パッケージ化されたシナリオとカスタマイズ可能なオプションを組み合わせたこのユニークなアプローチにより、SAP S/4HANA Private Cloudへの移行は、すべてのお客様の要件に応えることができるのです。

移行パッケージ

 

 

レガシーEECをクラウド上のS/4に移行する

 

 

 

企業コードのクリーニング削除

 

 

 

特定の日付に基づいた関連データの移行

 

移行パッケージ – アドオン 

cbsアドオンパッケージを活用して、SAPシステムランドスケープを迅速、安全、かつ柔軟に統合します

  • インテリジェントファイナンス

    新総勘定元帳、ユニバーサルジャーナル、マージン分析、新FI固定資産管理、文書分割など、SAP S/4HANAの付加価値機能を活用して柔軟な財務再編成を実現します。

    S/4HANAへの移行と並行して、勘定科目表、プロフィット・センター、コスト・センターをハーモナイズします。

  • ニア・ゼロ・ダウンタイム・パッケージ

    ニア・ゼロ・ダウンタイム・アプローチにより、業務プロセスの中断を回避することができます。

    cbsでは、段階的なカットオーバーとニア・ゼロ・ダウンタイムの機能を使った一挙導入のシナリオを選択することができます。

  • データ・クリーンアップ

    データの正確性と一貫性を高めるために、cbsのデータクリーニングアップパッケージをご利用ください。

    クリーンなデータセットは、全体的な生産性を向上させます。ユーザーは、無数の古い文書に目を通す必要がなくなり、社員は労働時間を最大限に活用することができます。

  • システム統合

    システムの統合により、SAPシステムランドスケープを簡素化します。これにより、総所有コストを削減し、事業の利益を向上させることができます。

フラッグシッププロジェクト – SAP顧客として初めてS/4HANAプライベートクラウドに移行し、選択的データ移行を実現 

1933年創業の米国鉄鋼会社SPS Steel and Pipe Supply社は、SAP S/4HANAのフラッグシッププロジェクトであるSPS/4WARDの本稼働を記録的な速さで完了させました。10ヶ月後、技術的なプロジェクトのタイムラインによると、業務の中断なしに本番システムのSPSへの引継ぎを完了させました。このプロジェクトを通じて、SPSは、SAPベストプラクティスに基づいて、ECC 6.0のオンプレミスシステムから既存のSAP S/4HANA Single Tenant Editionプライベートクラウド環境に選択データ移行を使用して選択データとプロセスを移行した最初の企業になりました。 

「このプロジェクトは、まさに先駆的で画期的なものです。S/4変革プロジェクトは何年もかかる必要はなく、純粋にビジネスの価値を高めることができることを実証しています。このプロジェクトは、今後のS/4のクラウドへの移行の青写真となることでしょう。 

 

– cbs America CEO ロレンツプレフケ氏 

SPS企業のユースケース

  • Migratiクラウドへの移行

    >ECC 6.0からSAPS/4HANAプライベートクラウドへ
    >移行アプローチとしての選択的データ移行
    >データとプロセスの選択的なクラウドへの移行

  • 企業コードの選択

    > 30の企業コードのうち15が移行されました
    >組織単位の名称変更
    >-非アクティブなCCデータが残る

  • 時間の選択基準

    > 対象15社コードから5年分のデータのみを抽出

  • システム統合

    > 15社のコードを既存のS/4HANA Private Cloudにマージ
    > コンフィギュレーションとカスタマイズの矛盾を解消

  • 財務再編成

    > 新総勘定元帳の導入
    > 過去データのS/4HANA新構造へのマッピング
    > マージン分析(コストベースからアカウントベースのCO-PAへ)
    > 新FI固定資産管理

    CoA/PC変換

  • ビジネスパートナー

    > 顧客とベンダーの統合
    >番号範囲の概念
    >冗長データのクリーンアップ

    マスターデータのハーモナイズ

  • 変更管理

    > カスタム画面トランザクションを可能な限り保持
    > 互換性のある設定を新環境に移行
    > ストレス軽減のためのビジネス向け追加トレーニング

  • ビジネスの中断を軽減

    > 未納品または一部納品された注文を「そのまま」移行
    > ダウンタイムがほぼゼロのアプローチ
    > 柔軟なデータ移行

選択的データ移行 – 解決策 

  • 5年分の履歴を含む使用中の企業コードの選択的カーブアウト 
  • SAP S/4HANAプライベートクラウドへのデータの変換と移行 
  • 本番機のSAP S/4HANAプライベートクラウド環境へのデータのマージ 
  • 矛盾する設定の調整とカスタマイズ

選択的データ移行 – メリット 

  • ビジネスを中断することなく、シームレスにSAP S/4HANAへ移行可能 
  • 新しいFioriアプリを活用することが可能 
  • 関連するデータのみを移行 
  • 財務データは、新勘定元帳の勘定科目表、コストセンター、利益センター構造に基づいて変換 
  • S/4HANAの付加価値機能を実装:文書分割、ユニバーサルジャーナル、マージン分析、新FI固定資産管理など

cbs ET Enterprise Transformer: 新しい SAP モデルへのデータ移行を成功に導く先駆者 

cbs ET Enterprise Transformer for SAP S/4HANAは、SAPのデータを全体的に変換するための世界初の包括的な標準ソフトウェアです。cbs ET は、データ選択に対する価値ベースのアプローチを可能にし、ステータスに関係なくすべての関連データの転送を可能にします。cbs ET は、プロセスの標準化や ハーモナイゼーション、S/4 イノベーションの導入など、選択的なプロセ スの変更を、すべてのマスターデータとトランザクションデータに対して 効率的かつ一貫して適用することが可能です。cbs ET はまた、カットオーバーシナリオの選択において高い柔軟性を備えています。段階的(例:企業コード別)にも、ダウンタイムがほぼゼロの機能による一括導入にも対応しています。 

Skip to content
Skip to content